NEWS

2020.04.13

新型コロナウイルス感染症における業務の対応方針について

株式会社電警(本社:東京都港区、代表取締役CEO:笠間 一生)は、指定感染症「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」に関して実施している業務における対応方針をお知らせいたします。

株式会社電警では、CEOを含む経営メンバー、人事・総務担当者を中心とした組織により社内対策本部を立ち上げ、情報収集と当社として取るべき対応の検討・従業員への指示を行っております。
また、所在地域ごとに従業員の感染リスク軽減や事業継続のための対応施策の検討、情報共有体制を構築しております。

今後の国内での新型コロナウイルスの感染拡大を鑑み、感染被害防止と電警に勤務する従業員(正社員、契約社員、一部の派遣社員と業務委託社員を含む)ならびに当社関係者の皆様の安全確保を最優先に考慮し、以下の対応を実施いたします。

1.感染拡大に合わせた対応方針の策定

  従業員がその時々に適切な対応をとれるよう、社内対策本部で政府が定める感染拡大段階に合わせた対応方針を策定し全従業員へ共有

2.勤務形態について

 (1)全従業員へ在宅勤務を推奨

 (2)全従業員へ交通混雑を避けるための「フレックス勤務」を推奨

   (7:00~20:00の間で勤務時間を選択して勤務、コアタイムは11:00~16:00)

3.会議/セミナー/研修/宴席等について

 (1)多数が参加する当社主催の会議・会食の中止・延期、もしくは、オンライン開催へ変更

 (2)当社以外が主催するセミナー・イベント・会議等への参加の中止

 (3)採用面接をオンライン面接へ変更

4.予防行動

 (1)マスクの着用(全従業員への配布含む)、手指のアルコール消毒など、感染予防と体調管理を徹底

 (2)37.5℃以上の発熱等の風邪の症状が見られる場合は、特別休暇を付与し自宅待機

今後も当社は、社内外への感染拡大抑止と従業員ならびに当社関係者の皆様の安全確保を最優先に、政府の方針や行動計画に基づき、迅速に対応方針を決定し実施してまいります。

関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。